Uber

Uber 2.14.0

ダウンロードは無料ながら高級タクシーを配車できるリッチなサービス(タクシー利用は有料)

Uber(ウーバー)は、サービス地域内ならいつでもどこでも高級タクシーを配車できるアプリです。通常のタクシーとは違い、黒いリムジンのような高級感あるタクシーがお出迎えしてくれます。なかなかタクシーが捕まらない時やちょっぴりリッチな気分を味わいたい時などに利用してみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 簡単な配車方法
  • 目的地までの見積もり額を確認できる
  • クレジットカード決済のため現金を持っていなくても大丈夫

反対票

  • 通常のタクシーよりも値段が高め
  • サービス地域は東京都内のみ

とても良い
8

Uber(ウーバー)は、サービス地域内ならいつでもどこでも高級タクシーを配車できるアプリです。通常のタクシーとは違い、黒いリムジンのような高級感あるタクシーがお出迎えしてくれます。なかなかタクシーが捕まらない時やちょっぴりリッチな気分を味わいたい時などに利用してみてはいかがでしょうか。

配車方法は簡単

まず、Eメールアドレスなどの会員登録を済ませたらクレジットカードを登録します。配車する際には、迎えにきてほしい場所を選択し、あとはタクシーが来るのを待つだけです。待っている間、あと何分で到着するのかが表示されるのが便利だと思いました。

目的地までの見積もり額を調べられる

タクシーを利用する前に目的地までの概算料金を見積もることができるため、金額によって乗り場や目的地を調整するのに使えるでしょう。通常のタクシーでは乗車してからでないと料金がわからないという惜しい点をUberは補えていると感じました。

クレジットカード決済なので現金要らず

支払い方法はアプリで事前登録するクレジットカード決済なので、現金を持ち歩いていなくても安心して配車できます。海外でもサービス地域内なら配車できるため、現金の持ち歩きが危険な場所でも活用できるのが便利でしょう。

通常のタクシーよりもお値段は高め

Uberの利用料金は、開始料100円、1分ごとに65円の時間料、1kmごとに300円の距離料がかかり、最低料金は800円となっています。東京都内のタクシー料金は、初乗りから最初の2kmまで710円、その後288mごとに90円加算、時速10km以下になると1分45秒ごとに90円加算となります(参照:株式会社ケイズ・ソフトウェア)。最低料金を比較するとUberの方が高額ですが、通常タクシーの料金が2割増しになる深夜の時間帯での利用、目的地までの距離や道のりによっては、Uberを利用する方がお得な場合があります。

Uberは、簡単な使い方で現金を持たずに、高級タクシーを配車できるサービスです。まだサービス地域は都内のみですが(2月24日時点)、関東地方など日本全国にこれから拡大していくことを期待しています。日本全国でタクシーが配車できるアプリには全国タクシー配車があります。

Android版のレビューはこちらから見ることができます。

旅行とナビ